2022年12月5日

製造ラインが問題なく進行できるように管理するのがプラント管理


工業を支えるプラント管理という仕事

現状における工業生産において欠かせないのが、プラントと呼ばれる工場です。このプラントというのは工場とそこで使われる機器の総称であり、一つの製品を作ることに特化しているのが特徴になります。わかりやすい例として食品業界のセントラルキッチンであり、これは一つの料理を作るためにソースの部門と食材の部門と工場を分けて作るための工場です。

一つの工場で製品づくりをしてしまうと、数多くの機器が必要になるため場所が窮屈になってしまいます。さらに一つの工場に設備が集中していると、地震などの災害が起きて稼働ができなくなる可能性もあります。そういった要因のリスクをなくすために、個別の製造ラインを作ることで安定供給をするのがプラントの役目です。そのプラントが安定して運営できるように、常に人員の配置や機器の状態を管理するのがプラント管理の仕事になります。

責任感の強い人があっている

このプラント管理はどんな人が向いているのかというと、基本的に責任感が強く自己管理ができる几帳面な人が向いている仕事です。先に言ったとおりにプラント管理は、一つの商品が問題なく出来上がるために機器や人員が問題なく作業を進行できるようにアシストするのが目的になります。そのためプラント管理は責任者として重責を担うポストであり、少しでも作業が止まるような状態になるとすぐに問題の修正に取り掛かる必要があります。

工期によっては休日出勤もしないといけないため、時間と体調の管理ができる几帳面な人でないとプラント管理は難しいというのがデメリットです。ただ責任者というポストなので、うまく作業を円滑に進めることができれば達成感と十分な給料を得られるのがメリットになります。

プラントの施工管理は、様々な種類の工場設備に関する知識や技術が求められるため、大学院を修了した人やキャリアが豊富な人が必要とされています。

Previous post 自分の希望にあった職場を探そう!工場求人の選び方
Next post 期間工が安心して働ける工場を見つける際のポイントは?