2022年12月5日

期間工が安心して働ける工場を見つける際のポイントは?


求職中に寮の有無や利用条件についてよく調べておこう

期間工は、工場内での実務経験や資格が無くても働けることや、契約期間が満了した際に多額の慰労金を貰えるといった利点があります。そうした中、期間工として安心して働ける工場を見つけるには、求職中にそれぞれの工場の待遇の良し悪しに目を向けることが肝心です。例えば、全ての期間工を対象に寮の利用を許可しているところや、毎月の寮費の一部を援助してくれるところは、多くの求職者から関心が集まっています。また、工場の規模によっては、期間工本人だけでなく家族が生活できる寮が提供されることもあるため、自分で賃貸物件を契約するのが面倒な人や、出費を安く抑えたい人は、じっくりと各地の工場の入寮の条件を調べておきましょう。

実務経験が無い人は製造業の求人が多いサイトを使おう

工場に勤めたことが無い人が期間工として働きたい場合には、製造業の求人の数が多いサイトを使って、各地の工場の中でも未経験者を歓迎しているところや、採用前後の研修が行われているところを探しましょう。経営状態が良く人材育成に力を入れている工場においては、若手の未経験の期間工の採用を積極的に行ったり、業務に役立つ研修を定期的に実施したりしているところが目立ちます。そのため、期間工の働き方について関心があるときには、余裕を持って自分に合ったサイトを通じて求人先の担当者と連絡を取るのがおすすめです。その他、働きながら資格や免許を取得したい人は、入社後に正社員だけでなく期間工に対しても専門的な教育が行われる工場を選ぶと良いでしょう。

期間工で用意される寮の部屋は個室ではない相部屋が提供されることがあります。そのため、個室を好む人は求人の条件をよく確認しておくことが大切です。

Previous post 製造ラインが問題なく進行できるように管理するのがプラント管理